ただ単に写真が好きなだけです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大和ミュージアム

ここは 広島県呉市
終戦近い その頃 誰も見た事のなかった
馬鹿でかい 戦艦が造られた
それを見たものは 驚愕し ただ 口を ポカンと開けるだけ
その名は 「戦艦 大和」
艦首


艦首から見たグラマラスなボディ
しかし ただ見ためだけでは無い
下部の丸いふくらみは 波を切り よりスピードを出す為
大和で初めて採用された技術
他にも 数々の新技術が採用されていた

大和

悲運を背負った その船は 沖縄決戦へ
片道分だけの燃料を入れ
二度と帰る事の無い作戦へと旅立って行った

そして未来へ

この角度から見ると
誰もが知っているあのアニメ
そう 宇宙戦艦 ヤマトのよう
戦争は 二度と ゴメンです
アニメの中で平和や愛を守る為だけで充分です
実際の戦争なんて いりません

Fuzz Buzz Ilfar

呉にある 大和ミュージアムです
最初の写真の碇は実物大
それ以外は十分の一の再現モデルです
それでも この大きさです
素晴らしい技術を 二度と 戦いに使う事の無いよう
祈るばかりです 

ゼロ戦52型

オマケ・・・このゼロ戦は 飛行中 故障を起こし
琵琶湖に不帰着したもので
戦後 琵琶湖の湖底より引き上げられ 修理されたものです
現在の飛行機と違って オモチャみたいです

↓一日一回クリックお願いします
(FC2ブログランキング)
お時間 よろしければ
↓こちらもお願いします
(ブログランキング)



戦艦大和やゼロ戦・・・・
当時では世界最高水準。
でも戦争は悲しい出来事ですよね。

世界の明日へ目を向けたいですよね。

宇宙戦艦ヤマトは大好きなアニメです(笑)
【2006/08/29 00:48】 URL | 黒ラブ #-[ 編集]
大きい!
ゼロ戦は、本物なんや・・・!

宇宙戦艦ヤマトは、初めて見た映画だ。
【2006/08/29 08:50】 URL | *aiai* #NZ0rPRDM[ 編集]
アニメで見た 宇宙戦艦ヤマトと同じ形なんですね

大和の話は詳しくしりませんが
上官が部下たちを助けるために
船から降りるよう命じ 自分たちは 大和と命運共にするため
自害していく…
そして 深い海に沈んでいく…大和
哀しいできごと で片付けられないですね

うまく文字にできなくて ごめんなさい
【2006/08/29 09:45】 URL | あゆみ #-[ 編集]
8月と言うと戦争の事を考えさせられますね。
私は長崎、広島に行った事がないので、日本人としてそして、人間としてこのような事があったときちんと自分の目で確かめ、次の世代に伝えて行きたいと思っているので、その内いつになるかわからないけれど、長崎、広島に行こうと思ってます。
戦艦大和について詳しく知りたいなと思った写真でした。ありがとうです。
【2006/08/29 14:55】 URL | キティのりんご #-[ 編集]
当時世界最高峰の戦艦
大和・武蔵
確かにフォルムが美しいです
時代は海から空へと、むしろ日本が打ち砕いたような感もあるのに、何故、と思うところもありますが
もう、日本には作る必要の無いもの
こうして、再現モデルとして様々な思いを皆に伝えていくのが今の仕事ですね
白黒の映像は見たことがありますが
再現モデルやこのような施設があるのも知りませんでした
いつか行ってみたいです
【2006/08/29 17:01】 URL | inocencica #-[ 編集]
本当だぁ 宇宙戦艦ヤマトだぁ~
アニメと同じなんだね~
ビックリしたよ。

それに・・おもちゃのような飛行機で戦ってんだね。。

・・うんうん。 世界中から戦争が早く
無くなって欲しいね。。

【2006/08/29 19:17】 URL | 若草 #-[ 編集]
呉市にあるのね。
ぜひ行って見たいです。

【2006/08/29 20:23】 URL | wakamin1 #-[ 編集]
片道分だけの燃料・・・
泣けてしまいました。
そんな覚悟、誰にも背負わせたくないよ。
【2006/08/29 20:42】 URL | ピンクハート12000 #-[ 編集]
あの映画の話が真実ならば、
初めから玉砕のつもりで、沖縄に向かわせたとなる。明らかに状況判断のミスですよね。
まあ、その当時には、その当時の人たちにしかわからない状況があるんでしょうけどね。。。
【2006/08/29 21:50】 URL | にしくん^^ #mQop/nM.[ 編集]
やぁ 黒ラブ ^^ノ
 悲しいし 愚かな出来事です
 宇宙戦艦ヤマトは 俺も好きでした
 映画にも行ったし
 再放送も見てました

やぁ aiai ^^ノ
 当時は世界最大だったけど
 今では もっと大きいタンカーが いっぱい
 その造船技術も やっぱり日本が最高です

やぁ あゆみ ^^ノ
 指揮官は こうあるべきと
 誰もが その行動を当然だと 考えてた時代です
 こうなると 戦争責任とか そんな問題では無いような気もします

やぁ キティちゃん ^^ノ
 大和ミュージアムでは 残された遺族の証言を
 ビデオで流してたりします
 ずっと 立ち止まって見てましたが
 どうしても涙がこぼれてしまいます

やぁ inoちゃん ^^ノ
 日本では 各地に こういった施設が多くあります
 鹿児島には 特攻隊の資料館もあります
 一度 行ってみたい場所です

やぁ 若ちゃん ^^ノ
 オモチャみたいだけど
 作られた当時は 速度 旋回性能 航続距離
 どれも 最高性能でした
 でも 軽く作られた為 敵の弾丸一発で
 すぐに穴が 開いてしまいました
 対する アメリカの戦闘機は 分厚い装甲板を持っていたので
 数発の弾が当たっても なんとも無かったんです

やぁ wakamin ^^ノ
 お休みを取って ゆっくり 旅してみてください
 近くにも 素敵な場所が 沢山ありますよ

やぁ ピンクちゃん ^^ノ
 先ほどのコメでも書いたけど
 遺族や 生還者の証言ビデオで
 作戦としては 片道分の燃料だったのが
 燃料省の隊長ができる事なら 戻って欲しいと
 ありったけの燃料を入れてくれたそうです
 乗員は 帰れないのを 知りながらも
 その 隊長の意思を 心に刻んで 出撃して行きました

やぁ にしくん ^^ノ
 いえ ある意味 あの作戦は成功だとも言えるんです
 何故なら 大和をアメリカ軍に奪われなかったから・・
 乗員も 皆 アメリカに奪われるくらいなら
 玉砕した方がいいと思っていたようです
【2006/08/29 23:14】 URL | ふぁず #-[ 編集]
戦艦大和は、不謹慎かもしれませんが、すばらしいフォルムをしていますね。
小学生の頃、細密画を描く男の子がいて、よく戦艦や戦闘機を描いていたことを思い出しました(私は見せてもらってただけ)。
こういう構造物を見ると、戦争はしてはいけないと思う反面
何か目的を達成するために生み出す技術力や知力
そして、それに向けるエネルギーというものは、ものすごいものだと改めて感心します。
平和のために、そのエネルギーを出せないのはなぜなのでしょうね。
【2006/08/29 23:37】 URL | ねこねずみ #CFmy7qdY[ 編集]
確かに、大和は死に場所を探していたといいます。
戦艦大和を観賞して、生き残った方々の悲壮な思いが心に残りました。
生き残ったことを恥として残りの人生を送った方もたくさんいらっしゃったそうです。
きれいな言葉では、戦争を言い表せないのだと知りました。。。
【2006/08/29 23:48】 URL | miffy #-[ 編集]
やぁ ねこねずみ ^^ノ
 細密画を描いてたのは
 もしかして俺だったりして・・・・
 ハイ 俺も よく描いてました
 
やぁ miffy ^^ノ
 戦争は 破壊
 戦争は 狂気
 人間の歴史は 戦争の歴史
 愚かな人間の歴史
 でも そんな愚かな人間にも 愛する人はいる
 愛すべき 愚か者達
 命を 思い 愛を思い
 人生を 生き抜きたい
【2006/08/29 23:59】 URL | ふぁず #-[ 編集]
戦争は 偽善
戦争は 神の戒め
でも、人間は戦いを忘れられず
愚かな歴史を繰り返す
愛する人を心に秘めながら。。


本当に素敵な詩をありがとうございます。。。
【2006/08/31 00:21】 URL | miffy #-[ 編集]
こんにちわ
戦艦大和・・ 姿をはじめて見ました。
片道分の燃料を積んで・・ それを覚悟で
守りたい大切な人たちの住む国を守るため、亡くなった多くの方達のご冥福を、心からお祈りしたいです。
原爆ドームの写真もそうですが・・
戦争で犠牲になった方達・残された方達の無念を思うと。
涙がこぼれます。
二度とこんな戦争は起こしてはいけないのだと。
改めて胸が痛みました。
【2006/08/31 11:16】 URL | 夜空 #xQVxBRRI[ 編集]
やぁ 夜空 ^^ノ
  俺の下手な写真でも
 そうやって 胸を痛めてくれる
 その気持ちが大切なんだと思うよ
 ありがとう
【2006/09/01 20:08】 URL | ふぁず #-[ 編集]
色付きの文字
大和は片道燃料で・・・
とよく言われているけど実際は往復分を積んでいたという。
簿外燃料という帳簿にはないものとされている備蓄タンクの底に残っていた燃料=重油をさらえて出撃している。
誰もが大和をいやその乗員3000名の命を無駄にしたくなかったんだと思う。
(俺のURLはエロ中心でいろいろ書き込んでいるアダルトなんで20歳未満は訪れないようにしてね。)
俺の故郷は北九州市若松区なんだが
大和に随行し艦首を魚雷で切断、大破後進で大和乗員を救助した後佐世保軍港に到着すると同時に
力尽きて着底した冬月、涼風、2代目柳が今も日本の国を
守っている。
http://www.ichimon.jp/book/md=2&st=2&px=1&vw=2&au=0602
http://www.intwk.co.jp/YAMADA/build7/gunkanbouha/GUNKANBOUHA.html
【2007/09/28 16:58】 URL | kappa工房 #V15CAh9g[ 編集]
http://www.intwk.co.jp/YAMADA/build7/gunkanbouha/GUNKANBOUHA.html
こちらのほうがくわしいようです
【2007/09/28 17:05】 URL | kappa工房 #-[ 編集]
コメントありがとうございます

 ようこそ kappa工房さん
 こんな 古い記事に コメントを頂き ありがとうございます
 確かに 大和ミュージアムの証言ビデオでも
 片道分では無く それ以上に 燃料を入れていたって
 言っていました
 出来るなら 帰って来て欲しいという想いで 少しでも
 多くの燃料を入れたそうです
【2007/09/30 00:09】 URL | FuzzBuzzIlfar #-[ 編集]
やまとを護衛し果たせず
奇跡の生還を果たした
冬月と涼月のことも
忘れないでください。

北九州市若松区にその兵どもの墓があります。
軍艦防波堤といいます。
高塔山にはそののりくみいんの忠霊塔が祀られています。
【2011/12/18 11:03】 URL | 河童 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 いるふぁの視点, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。